ここまでをお読みになられた皆さんの中には、認知症サポート医に興味をもたれた方もいらっしゃるのではないかと思います。
しかし、具体的になる方法についてはweb上にそれほど多くの情報が流れておらず、その方法を探しておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、今回はこれから需要が高まるであろう認知症サポート医になる方法について、少しまとめてみたいと思います。

認知症サポート医養成研修を受けなければならない

何よりもポイントになるのは、この認知症サポート医となるための養成研修を受けなければならないという点です。
認知症サポート医養成研修を修了した医師のみが名乗ることができます。

しかし、この養成研修に関しては誰でも希望すれば受けられるというものではありません。
自薦や他薦を問いませんが、何らかの形で認知症サポート医として適任であると認められる必要があります。
一般的なところでは、医師会からの推薦を受けて、という場合がお多いかもしれません。
しかし、その一方では自薦にて認められ、研修を受けることができた医師の方もいらっしゃいます、

基本的にはこの養成研修を実施する主体の長が、都道府県及び指定都市医師会と相談の上、2点の条件を満たしたものを適任であると認めています。
この2点というのは以下の通りです。

  • 地域において、認知症診療に携わって医師であること
  • 認知症サポート医としての役割と適切に担うことができる医師

この2点の条件を満たしていれば、自薦他薦問わず認知症サポート医養成研修に応募することが可能であると言えます。

研修内容について

上記の条件を満たし、医師会や主体からも認められた医師は、晴れて養成研修を受けることが可能となります。
この研修では、地域においてその役割を担うために必要な知識、そして技術を学ぶことになるのですが、その内容についても少し触れておきたいと思います。

まず、研修期間については原則として、研修1回につき2日間となります。
研修における受講者数に関しては、各会場ごとに定員が定められていますので、注意が必要です。
無事にこの研修を終えると、理事長より修了証書を交付されますので、これで晴れて認知症サポート医として活躍することが可能となるのです。
認知症サポート医ネットワークも利用することができるようになりますし、一覧名簿にその名前等を記載されることにもなります。

最後に、研修費用については、研修受講者あるいは都道府県等が負担するものとされており、この内容については研修募集要項を確認することが大切です。
ぜひチャレンジしてみてくださいね!